TOP > ■2012.12.08「OKUBOの寄り合い2012」

              第1部|●第2部|●第3部|●レポート

 

   OKUBOの寄り合い 2012
~アジアの縁台から「多文化」を見つめなおす~

 

■日時:2012年12月8日(土曜)13:00~19:00
■会場:日本福音ルーテル東京教会・会議室
東京都新宿区大久保1-14-14
◎JR新大久保駅から明治通り方向へ徒歩5分
◎入場無料(定員約100名・事前申し込み不要)


■プログラム
12:30 開場
13:00 ○オープニングライヴ:小林直樹 うたとギター
----------------------------------------------------------
13:15 ●第1部/映画とトークセッション >>詳細
「震災後を生きる外国人住民」
■司会:

青池憲司/多文化学校
■パネリスト:
山口智之/APFS労働組合

佐久間明秋/宮城華僑華人同舟会
■記録映画
『外国人の立場から東日本大震災をふりかえるin石巻』上映
-----------------------------------------------------------
   休憩15分
-----------------------------------------------------------
15:00●第2部/トークセッション >>詳細
「地域の居場所づくりの取り組み」
■司会:

山本重幸/共住懇
■パネリスト:
高橋雄二/ルーテル東京教会・牧師カフェ
海老原周子/しんじゅくアートプロジェクト
本庄有由/NPO法人・人と人をつなぐ会
-----------------------------------------------------------
   休憩15分
-----------------------------------------------------------
16:45●第3部/弾き語りライヴ >>詳細
「希望の光を故郷へ~アジアのキーストーン、沖縄をうたう~」
■出演:ナーグシク・ヨシミツ/寿[kotobuki]  うたとギター・三線
-----------------------------------------------------------

17:30●交流会
~語らい、踊ろう、いのちの環~
■進行役:関根美子
会費1000円(飲食代)
食べ物飲み物、持ち寄り大歓迎

 

-----------------------------------------------------------
19:00 閉会

 

企画の趣意


 「OKUBO」は、この寄り合いを企てた者たちの造語ですが、地域としては新宿区の百人町と大久保、歌舞伎町の一部を指します。“韓流のまち”と呼ばれてひさしいこの地域には、ほかにもアジアの人たちが数多く住んでいて、ここが、仕事の場、子育ての場、暮しの場であることは日本人とかわりません。共住地域コミュニティとしてのOKUBOの成り立ちは昨今のことではなく、歴史的に形成されてきました。いま、日本列島各地でみられる多民族共住と多文化交流のさきがけ(魁)といっていいかもしれません。
 「多民族共住と多文化交流」。それは、特別なことではなく、わたしたちの日々の生活のなかでつくられていきます。そうであるがゆえに、なかなかしんどいこともあります。隣人同士のつきあいは予定調和的にはいきません。コミュニティのご近所づきあいは毎日けっこう波瀾万丈です。
 寄り合いを共同で企画運営する「共住懇」と「多文化学校」は、OKUBOで、多民族共住と多文化交流の活動に取り組んできました。その課題の実践は固定的ではなく、社会の事象と連動して、つねに新たな観点と捉えかえしが必要になります。
 昨年の3月11日に、地震・大津波・原発事故があり、いまだ収まらない災厄のなかで、定住外国人(移住労働者)はどのように過ごしているか? 多様な文化的ルーツと生活背景をもつ人びとを繋ぐ場をどのようにつくるか? アジアの縁台・OKUBOのまちなかで、そのような話題の寄り合いを開きます。ぶらりとお立ち寄りください。

 

■主催:共住懇/多文化学校