TOP > 2012.12.08「OKUBOの寄り合い2012」

              ●第1部|●第2部|●第3部|●レポート

 

●第2部/トークセッション

「地域の居場所づくりの取り組み」

 

 今日、「多文化」という言葉は、多民族・多国籍という側面だけではなく、ジェンダーや世代、職業、階層の違い、身体的な障がいなども含めてとらえられています。その多様性のなかに、人はどのような世界をみているのでしょう。この“多様な人々”をつなぐ場を求めて、すでにいくつかの試みも始まっています。多文化とは何か、大久保・百人町から「内なる多文化」を見つめなおします。

 

■司会
山本重幸/共住懇
やまもと しげゆき●PROFILE
共住懇代表。1992年の設立時からのメンバーで、1996年から代表を勤める。
新宿区社会福祉協議会「大久保・戸塚地区部会」委員、新宿区戸塚地区協議会「福祉・生活分科会」委員など、広く地域福祉の活動を行っている。

 

■パネリスト
海老原周子/しんじゅくアートプロジェクト
えびはら しゅうこ●PROFILE
しんじゅくアートプロジェクト副代表。海外や日本の第一線で活躍しているアーティストを新宿・大久保に招き、海外にルーツを持つ子ども達を中心に、映像、ダンスなどのワークショップを通じた共同制作を行っている。アートを通じて人と人とをつなぎ、子ども達の表現活動がどのようにして多様性を活かした社会づくりに貢献できるか、を考えるセミナーなども開催している。

 

本庄有由/NPO法人・人と人をつなぐ会
ほんじょう ありよし●PROFILE
NPO法人・人と人をつなぐ会会長。1938年、徳島県生まれ。ドキュメンタリー映像プロデューサー。東京・新宿区の区政モニター・区民会議委員・都営戸山団地自治会役員を経て、2007年に当会設立し現在会長を務める。高齢者の孤独死防止を目的に、「見守りケータイサービス」「高齢者安心住宅」など様々な活動に取り組む。群馬県生涯学習センター特別講師、加藤昭江共和友の会新宿支部長。

 

高橋雄二/日本福音ルーテル東京教会・牧師カフェ
たかはし ゆうじ●PROFILE
ルーテル東京教会役員・伝導委員。地域にひらかれた場所となることを願って、毎月第1・第3水曜日に教会のエントランスで「牧師カフェ」を行っている。本格コーヒーとおいしいパンを販売しながら、さまざまな展示会も開催している。