“まち”はいつもめまぐるしく姿を変えていて、このまち、新宿・大久保地域も例外ではありません。最近では「新大久保」とよばれ、「コリアンタウン」「観光地」としてイメージされることも多くなりました。さらに、暮らしをおびやかす非道な行動の数々…

 

 けれども、“まち”には様々なひとが移り住み、働き、学び、遊び、日々の暮らしを営んでいます。そんな暮らしの歴史がつみ重なって、今ある大久保地域がつくられてきました。

 

 このまちで、どんな日々を過ごしてきましたか。深まる秋の一日、おたがいの話に耳を傾けながら、“おおくぼ暮らし”を見つめたいと思います。
 ぜひお立ち寄りください。

 

OKUBOの寄り合い 2013秋


このまちで、生きる。

~“おおくぼ暮らし”から社会をみれば~

[日時] 2013年11月30日(土)15:00~19:00

[会場] 日本福音 ルーテル東京教会 会議室
◎JR新大久保駅から大久保通りを明治通り方向へ徒歩5分

[参加費] 1000円(資料代含む)小中学生以下無料

[主催] 共住懇/多文化学校

 

→ プ ロ グ ラ ム

 

▼チラシがダウンロード出来ます。

OKUBOの寄り合い2013秋.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 131.3 KB

 

<お知らせ/更新履歴>

(2013/11/29)

「OKUBOの寄り合い2013秋」にて、共住懇発行の多文化コミュニケーション情報紙「OKUBO」の最新号の配布がスタートします。

 

このまちの未来を考える~多文化コミュニケーション情報紙
O K U B O
------------------------------------------
最新号No.12~13

【OKUBOの寄り合い2013】 それぞれの「3月11日」を見つめなおす~子ども・学校・地域~

 

No.11 【OKUBOの寄り合い2012】後編 「地域の居場所づくりの取り組み」
No.10 【OKUBOの寄り合い2012】前編 ~アジアの縁台から「多文化」を見つめなおす~
No.09 【連載企画2】「多様なコリアンを繋いでいく」コリアNGOセンター 金朋央さん
No.08 【連載企画1】「在日コリアン同士が安心して出会える空間を」在日コリアン青年連合(KEY) 梁英聖さん

●ときどき刊
1999年から大久保地域を中心に配布している機関紙です。2010年に装いも新たに復刊しました。
●編集・発行:共住懇

●バックナンバーなどのお問い合わせは――
Eメール:kyojukon@ngy.3web.ne.jp
電話:03-5323-4054

[開設] 2012.10.27